店主 倉知 元好
私が料理人になろうと思ったきっかけはたくさんのお客様から、直接「ありがとう」と言って頂ける飲食店の魅力に快感を覚えてしまったからです。
今、思えば若さ余っての勢いでの開店でした。あるのは体力とやる気だけでしたが、一日一日を大切に強い意志を持って日々前進してきました。

「かどで家」と看板を掲げたのは、“人生の大切な時を過ごして頂けるようなお店にしてゆこう”という想いからです。

平成7年の開店からたくさんのことを学びました。
その中でも大切なことは提供する側が愉しくなければいけないということです。
料理をすることが愉しいという気持ちがお店にも活気をつくり、その勢いがお客様にも必ず伝わると考えています。

人の縁とは不思議で、「かどで家」を開店しなければ出会えなかった多くの方々に支えられ、たくさんの挑戦す機会も与えて頂きました。
日々愉しく料理を作ることができるのはたくさんのお客様やスタッフに支えられ成長することができたからだと思います。

これからも感謝の気持ちを大切に、おひとりおひとりのお客様をお迎えしたいと考えています。

店主 倉知 元好